忍者ブログ
本家「月光遊戯」の日記となっています。 拍手や企画のお知らせ等もしていくつもりです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


先月の学院祭でアンケートをやったのですが、以外にも皆さんのコメントが優しくて驚きました(笑)
百合は売れねぇよ!とか辛らつなコメントをいただくかと思っていたのに以外と好意的な意見でした。

でもその中に「○○の部分の相乗効果が~」というコメントを頂いたのです。
嬉しいですが、ごめんなさい。
作者そこまで考えてません(おい
いやいや狙って書かなければいけないというのは分かってます。
作家はサービス業ですしね!
でも、考えてなかった。無意識に出来たとかいう訳でもないと思います。

最近、作家はサービス業だから狙って書けというのをよく聞いているので精神疲れがきました。
萌えだけは無理ですがたまには男性向けラブコメでも書いてみようかなと思ったり、あとそうですね必然的に色々な本を読もうとすることが多くなったり、学校に入って意識と知識とかは高まった気がします。
でもまあ自分のやりたいことだけじゃ動けないのはどの職業も同じですからね。
割り切って書かないと。

とりあえずは、明日も作品頑張るか!
掲示板のレスとかも明日と日曜日で頑張ります^^
PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
いやぁ、僕の意見は逆だな。
作家は狙って書く必要はないと思うし、むしろ自分の「命」を賭けて書くのが作家の仕事だと思う。
つまり、自分と真摯に向き合うこと。まだ若いので「今を生きる」ことに精一杯な樋口さんには解らないかもしれませんが、「命」を賭けて書いた作品は読むのも命がけです。
そのことを頭の片隅に置いておいてもらえると嬉しいです。
有沢翔治 2008/11/29(Sat)00:46: 編集
無題
翔治さんへ>
うーん、確かに理想はそうですが、今は本も大量消費の時代だそうです(悲しいですが)
1年に4冊程度出さなければ生活できないらしく、昔の作家のように1冊出せば生活できるというものでもなくなったそうです。

私が目指しているのがラノベ作家であるということも関係しているのかもしれませんが;

それに狙って書くというのは決して命を懸けないというわけではないと思います。
狙って書くために一日十本以上の映画、アニメ、小説を読んでいる人もいますし、中には1年間に100万以上を費やしている方もいらっしゃいます。
一生懸命誰かの心に残るものを書きたいというのは、私の中では変わりません^^

でも一番良いのは「自分」が描きたいものと「読者」が求めているものを両立できる作家ですよね。
それがプロだと思いますし、私もそんな作家を目指したいと思っています。
樋口里亜 2008/11/29(Sat)12:33: 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [15] [14
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/22 有沢翔治]
[11/22 ユースケ]
[04/08 有沢]
[04/07 wakaba]
[04/03 有沢]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
樋口里亜
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1990/02/10
職業:
学生
趣味:
読書・執筆・ぐーたら
自己紹介:
将来は小説家を目指しています。ライトノベルも大好きですが、一般文学~歴史書まで幅広く対応できる作家になりたいです。

初めましての方も是非、お気軽に声をかけてください^^
お友達になってのお誘いも大歓迎ですv

実親から「豚」と呼ばれていますー。
容姿は察してください。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]